2017年05月31日

最近の日本の政治には唖然とすることが多すぎます 

 明らかに阿部首相に関わりがあり支援していたと思われる森友学園問題や加計学園問題では安倍首相との関わりが疑われそうな資料を財務省でも文科省でも破棄や調査をしても確認できなかったとして、閣僚はもとより各省の官僚たちは「貝のごとく口を閉ざし」あろうことに前森友学園長や前文科事務次官の人格や素行の悪さに問題をすり替えウヤウヤする現政権には何おか言わんと驚くばかりです

 そして圧倒的な多数の議席をもつ自民・公明と実質与党の維新を背景に安倍政権が国民への十分な説明をすることなく国民に理解が十分にされない状態で戦前の特高警察に繋がるような「共謀罪」を強行採決し、先の特別秘密保護法の強行採決をはじめ武器輸出三原則を改定、集団的自衛権を閣議決議で押し通すなどはまさに横暴な強権政治としか言いようがありません

 民主主義国家とは人々の色々な意見や提案をボトムアップで国民の理解が十分に得られるまで審議をして最終的には多数決で決め、決めたことを皆が従うことで成り立つ世界ですから当然に時間がかかり、専制政治や独裁政治のようなトップダウンで決め皆が従うような世界では無いのです

 確かに、現在は地球そのものの変動期でもあり、また既に成長の限界により各国共に経済が低迷しており、貧富の格差が拡大を続け「テロが日常化」する危機の時代にあって、時間がかかり中々決まらない民主主義による国会運営よりも「強いリーダーや政権」に委ね独裁的に決める政治を人々が求めるようになるのも理解できますが、さりとてそれは民主主義により生まれたヒトラーのごとく恐ろしい結果になることは歴史が示しています。

 危機の時代にあっては「強いリーダー」と「安定した政権」を人々がもとめるのは当然とも思いますが、大切なのは「徳の備わったリーダー」と「未来を描き示せるリーダー」で、戦前回帰に近い「美しい日本」を信条として「憲法改正」を使命のごとくに強引に推し進めようとする安倍首相と人事権と解散権を持つ首相に「唇わびし」と口を紡ぐ与党政治家や官僚により運営される政治を黙認するような現状はそれは「悪しき民主主義」としか言いようがありません。

 残念なことに「徳が備わり、未来を描き示せるリーダー」が出にくい日本の政治状況にあっては、もはや国家に期待しても変わることはなく、それぞれの地域や企業の中でそれぞれの立ち位置で自ら生み出しネットワークをつくり変えて行くしか無いようにも思います。

 おそらく、そのような動きが地域や企業から生まれ「下克上」のような状況が生み出されて政治をはじめあらゆるシステムが変わり生まれ変わるのだと思い期待します。
posted by コ−エン at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記