2017年08月21日

「核無き世界」が「平和な未来社会」の入り口では!

 「森友・加計学園との関わりへの疑惑」に安部首相が明確な説明が出来ず,閣僚や行政からも証拠書類の提出や答弁も出来ないことから国民の不信がつのり安倍政権の支持率が急落したにもかかわらず政権交代を求める他派閥も無く、代わるべき野党(特に民進党)も国民の信頼を失っており国民のイライラ感が増すばかりになっています。

 しばらくは「都民ファースト」の国政版「国民ファーストの会」のような自民党でもない民進党でもない新たな思想信条を掲げた「政党」が旗揚げし登場するか、新たな理念目標を掲げて強力なリーダーが主導する「オリーブの木」のような野党連合が登場するかしないように思います。

 このような政治への不信と混乱傾向は世界の国々でも同じようで、現在は過去のシステムが崩壊し新たなシステムが生まれる端境期に生じる混乱と危機をどのように乗り越えるかを日本も世界も問われているのだろうと思います。

 そしてその混乱と危機の象徴的なことが「核保有」で「核保有が国家存立の国是」にもなっている「北朝鮮問題」も単に「北朝鮮に放棄させる」ことではなく、過去の競い合いの文明が作り出した約1万5千発もある「核」をどのように廃絶するかを具体的な道筋を北朝鮮も含めてつくるしかないのだと思います。

 安倍政権やマスコミがアメリカとのチキンレース如く過度に危機をあおり立ている「北朝鮮の核保有」については、現実的には「国保有国」として認めてその上で「核を使用できない国際環境」をつくり、「核兵器の削減」と「核無き世界」を目指すしか平和裏に解決する道はないのではと思います。

 そして日本がアメリカの核の傘にあることを理由に「核兵器禁止条約」の会議に参加せず賛成もしないのはまさに論外と言うしか無く、日本こそが唯一の被爆国として「核兵器禁止条約」に率先して賛同し「核廃絶」と「核なき世界」を訴えるに相応しい国であって、世界に誇るべき「戦争放棄」を定めた「平和憲法」を持つ日本だからこそ「戦争のない平和」な未来世界を訴えことこそが戦後レジームからの脱却であり混乱と危機からの脱却の道のように思います。

 世界のどの人々も「戦争」ではなく「平和」を求めていますし誰も「核兵器」など欲していないのです。

「核保有」は「戦争目的」で作られたもので「競い合いの文明の象徴的な遺物」で平和のために「抑止力としての核兵器の保有」を正当化するなどまさに本末転倒で、「核保有」こそが混乱と危機の原因でもあるのですから廃絶することが転換期にある新たな文明の入り口であるように思います。   

 さらに核の危機は半減期に10万年を要する使用済み核廃棄物の処理も場所も定まらないままに推し進めようとする「原発」も同じで「核兵器禁止」と同時に「原発禁止」に向かわないと戦争のない平和な未来世界は生まれないように思います。
 
混乱する日本や世界の政治にあって少なくとの「核兵器禁止」「原発禁止」を正面切って訴える新たな「政党」や「連合体」が登場することを期待するばかりです。
posted by コ−エン at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記