2017年10月31日

[ 「保守と革新」と「リベラル」について思う

 今回の選挙で「リベラルの排除」の踏み絵があり排除された民進党の議員がそれではと新たに「保守政党」の自民党に対する「革新政党」のとして「立憲民主党」を立ち上げ野党第一党になりました。

 その「革新政党」の代表が「私は保守リベラルです」との発言、今まで伝統や文化を守り緩やかに改革しようとするのが「保守」で、古い伝統文化を変えて新たな社会を創ろうとするのが「革新」と言われていますので「保守とは何かリベラルとは何なのか」が良く解らなくなってしまいました。

 そんな時にテレビである学者が「リベラル」とは「自由主義」のことでその「自由主義」の前提は「個人主義」ですとの説明があり、そうなると日本の憲法は「個人の尊重(基本的人権)と「主権在民」が謳われていますのでリベラル=自由主義の憲法で立憲民主党も自民党も自由主義の憲法を肯定していますからどちらも「リベラル」と言うことになります

 しかし「憲法改正」での考え方では「平和主義(第9条)の憲法を守る」と言う意味では立憲民主等は「保守」と言うことになり「憲法第9条の改定」を推し進める自民党は「革新」と言うことになり、そうなると「保守リベラル政党としての立憲民主党」「革新リベラル政党の自民党」と言うことになります。

 そしてその学者が「右翼と左翼」についてアメリカ追従による国つくりを目指すのが「右翼」でアメリカとの対等による国つくりを目指すのが「左翼」との説明があり、そうなるとアメリカ追従を進めてきたのは自民党ですから「右翼政党」で自民党と対峙してきた共産党や社会党そして立憲民主等は「左翼政党」と言うことになりそれは今までと同じで頷けます。

 しかしそうなると「右翼政党」の自民党が「革新リベラル政党」になり「左翼政党」の立憲民主等が「保守リベラル」と言うことになりここでまたすんなりと頭には入らなくなります。

 選挙中に「アウフフーベン(止揚)」と言う言葉が話題になりましたが、今までの「保守・革新」「右翼・左翼」の概念を「アウフフーベン(止揚)」して新たな次元として頭を切り換えないとダメな時代になったのかも知れません

 そのように考えると「進歩発展は物の競い合いによって成り立つ」と思われてきた時代が限界を迎えて新たな時代にパラダイムシフトする変革期に来ていると受け止めて新たな時代に相応しい「アウフフーベン」をした社会を創る時代に入ったのかも知れません。

 そして「右翼革新改革リベラル」とも言える自民党は大勝したものの、天皇を国家元首にそして権力者に守ることを強いる憲法を国民に守る義務を強いるような専制的な憲法改正は「アウフフーベン」の昇華とは逆の先祖返りの時代逆行の在り方(革新でなく超保守)で時代はそのような「右翼超保守専制的」は許さないように思います。
posted by コ−エン at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月20日

期待した政権交代はダメのよう!

新たに誕生した「希望の党」の代表小池百合子氏の「排除の発言」と現政権が推し進める「憲法改正」や「安保法」への対立軸が明確でないことから「希望が失望」となり「政権交代選挙」への期待が薄れ選挙前予測では与党の大勝がほぼ確実の報道がされています。

 報道どうり自公が大勝すれば強行採決した「安保法」と「憲法改正」が国民の支持を得たものとして安部強権政治が推し進められるのではないかと危惧します。

 世界は13世紀から始まった資本主義そのものが限界を迎え世界をリードしてきた欧米が衰退しつつある中で新たなテロによる非対称的な戦争が日常化するなど混迷を深めています。

 しかしその混乱を「20世紀までの力によって解決する」方法は高度に発達した核を含む近代兵器の時代にあっては「抑止力」では治まりきらないで文明そのものを消滅させる結果を生むように思えてなりません。

 にもかかわらず「安部政権」は「北朝鮮」の核とミサイルの危機を過度にあおり立て「対話なく圧力」を国連総会で訴え「力による解決を扇動する」ことそのことが日本を危険に陥れているように思えてなりません。

 もともと北朝鮮の「核保有」は休戦中であるアメリカとの終戦協定と国交樹立を目的にしているもので日本への攻撃を目的にしているものなく、アメリカと一体となって圧力を強める日本に対して「アメリカの攻撃」あれば「核攻撃」をもって反撃すると牽制しているに過ぎないのです。

 当然に圧倒的な軍事力を持つアメリカに先制攻撃することは北朝鮮の自滅につながることから考えられないことで、むしろ危険なのは「トランプ大統領」が経済的な圧力と軍事的な圧力をもっても金正恩の暴走を誘導することだと思います。

 一昔前の力(軍事力)でもって植民地を支配する時代から経済力そして金融力をもって支配していた時代が限界を迎え混迷する世界にあって過去の延長線上の「力(軍事力)をもって屈服させる解決」は危機を増幅するだけだと思います。

 「希望の党の出現」と「野党統一候補」による政権選択選挙への期待がなくなり自公が大勝する結果になったおしても、せめて与党の「平和と福祉の党」を自認する公明党が政権内で世界に類のない「平和憲法」と「被爆国」の立場でもって「対話による戦争のない平和な世界」をリードする方向で歯止めになってもらうか、新たに生まれた立憲民主党が予想以上の議席を得て「安部強権政治」を押しとどめることに期待しるしかないのではと思っています。

posted by コ−エン at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記