2018年07月10日

人工知能(AI)とロボットによる第四次産業革命の時代で私たちは!

 今やチェスや将棋を人工知能(AI)が負かしAIでの作曲やAI小説も可能になって後20年もすれば人がしていた仕事(肉体労働・事務労働・頭脳労働)や芸術のほとんどをAIとAIロボットがするだろうと言われています

 そして「脳をAIにコピーをしてAIと遺伝子工学により再生される臓器とAIロボットによって肉体を代替させて人は死ねなくなると言ったことが現実に起こるかもしれません

 当然にそのような世界はSFでおなじみの「ターミネーター」が人がしていた労働や活動のほとんどを行う今と全く異なる世界の出現です。

 少し薄気味悪い感もしますが「数学的や論理的で高度な知識」によって「人がしていた労働(仕事)」を「AI」とロボットが受け持つことによって人は働かなくてもよくなりBI(ベーシックインカム)により基本的な生活が保障され当然に医学の進歩により病気が克服されればそれは人が理想としてきた一見ユートピア世界と言えるようにも思います。

 しかし、それは物質的なユートピア世界であってAIはそもそも「1」と「0」で成り立つ無機質な「数学的や論理的な高度な知識世界」であって有機的な存在としての人が本来潜在的に持っている「魂」とか「良心」をAIが持ち得るのは無理なことで当然に「愛や勇気」や「創造的なひらめき」は無理なことでそれは人の分野だろうと思います。

 ですからAIとロボットの時代にあっても人として潜在的に持っている「愛や勇気や創造的な活動」の分野は無限にあり決して人の仕事や活動がなくなることはない思います。

 そして人は今までのような世界の出来事を見聞きし味わい体感することで物を見て考え心動かされる存在だけではないと思うようになり「物質的豊かさ」に比重を置き追い求めてきた在り方から「物と心のバランスのとれた愛ある豊かさ」に比重を置いた在り方を求めるようになると思います。

 したがって第四次産業革命として始まっている時代での生き方はAIとロボットによって生み出される物質的な便利さと豊かさを上手く受け入れながら、人が本来もつ「魂」とか「良心」から生ずる豊かな生き方をどのように創っていくかどうかで大きく変わるように思います。

 そして過去の産業革命により強力な物の所有と権力を生み出すようになりましたが、高度に進化した現在のAIによる軍事兵器にあっては「戦争を起こせば世界の破壊」につながることから「戦争を起せない」時代に入っていますし、より高度な情報化社会にあって特定の権力者だけが情報を持ち続けるのは無理になることから第四次産業革命は強力な所有と権力を生み出すのではなく分散型のフラットな「平和な世界」の道を生み出すだろうと思っています。
posted by コ−エン at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記