2018年11月18日

「食品が心配」一体どうなっているの?

 利他村ダーチャの里つくり(週末は田舎で農園暮らし)の目的の一つに「無農薬栽培での自給自足があります。 

 勿論今は地元の養豚場から豚糞とEM菌を混ぜた肥料を無料で分けてもらい使っていますが目指すは「自然農法」で種は「在来種(地方の風土に適し長年栽培または飼育されているもの」です

 そんな思いを持っていますので「食品添加物・遺伝子組み換え・農薬」については強い関心をもって取り組んでいます。

 ところが、アメリカが離脱したTPPを日本が率先して働きかけ批准をしたことや種子法が改正されようとしていることを非常に危惧しています。

 生命や健康に影響のある「遺伝子組み換え食品」「食品添加物の加工食品」を国民に充分な説明も無しに受入れ人々が充分理解しないままに食べ続けると、当然に「癌や奇形・奇病」が増えことは容易に想像が出来ます。

 TPPは経済的に弱い国々がブロックを作り、関税を撤廃し、物・金・人の移動を自由にして互いに共存共栄させようとするそのことは決して悪いことではありません・・・しかしそのための共通のルールが必要でそのルールが多国籍企業の利益のためや経済的に弱い国々を支配するようなルールになり、それに従わないとダメと「あまいルールの遺伝子組み換えや食品添加物使用の農産物」を入れさされるようになると話は別で、また安いコストの畜産物が入ることによって国内の農家が成り立たなくなり、たとえ海外の富裕層相手に農産物を作ることはあってもすべての農家が対応できるわけでは無く確実に食品自給率は低下することになります
ます。

 また「種子法」の改正によって守られてきた「在来種」の使用も制限されるようになり、海外の大手の種業者から「遺伝子組み換えのF1種(一年限りの種)」を購入することになり、その種によって農家が栽培する農野菜がスーパーに並び知らない間に口にすることになります。

 残念ながらそのことについて一強体制の現政権は充分な説明をしていないでおきまりの強行で法案を通しており、ばらばらの野党にも期待が出来ない状態にあります。

 しかし、危惧や疑問をもっていても日々食べてゆかないと生きてゆけないことで、何はともあれ安全安心の農野菜だけでも自己防衛するしかなく、利他村ダーチャの里つくりでは仲間が食べる農野菜については「無農薬栽培による自給自足」を目指して「週末は田舎で農園暮らし」の活動を進めて行きたいと思っています。
posted by コ−エン at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記