2020年04月30日

「コロナ」後に生まれる新たな世界が楽しみです! 

 新型コロナウィルスは次々と変化し続けると言われていますのでワクチンや治療薬の開発とイタチごっこになりかねないことから収拾には少なくとも約2年はかかると思われ、そうなると世界の経済は1929年の世界大恐慌を超える混乱となり世界は形を大きく変えるだろうと思っています。
 
 利他村ではそのような大恐慌は食糧危機を生み出すことから自給自足可能な農産物をつくり命と生活を守った上で、無機質な都市ではなく自然があり微生物のある土と共生する「田舎町から新生する」との思いをもって「共創共生のコミュニティ(ビレッジ)」」のひな型を創ろうと思っています。

 その「共創共生のコミュニティ(ビレッジ)」は「心」を大切に、16,000年の間争いのない平和で自然と共生していた「縄文時代の人々」のような豊かな心を取り戻もどすことを土台にして、知の文明がつくりだした「AI(人工知能)・IOT(もののインターネット)・ロボット技術」と「管理者を必要にしないフラットな横型社会が可能なブロックチェーン」を活用した貧富の格差のない豊かなライフスタイルつくりだこと思っています。

 まさにコロナ後に生まれる世界をそのような「ものと心のバランスのとれた愛ある共創共生の世界」と描いています。

 5月から利他村では集落の「古民家」を借り「シェアーハウス」に活用するようになり、また新たに「平地に約1反の田」を借り、秋には念願の「仲間で作ったお米を仲間の家族が食べれる」が実現します。
 
 そのようなこともあり、まずは「土地と共に微生物と共に大自然と共に」「農薬や化学肥料を使わない農産物」を目指して取り組んでいる「週末は田舎で農園ぐらし(ダーチャ)」をさらに仲間一人一人の個性を生かし合いながらより充実したものにすることだと思っています。

 そして今回のコロナには新たな世界を生み出すためにもたらされた人知を超えた計らいのようにも思い、危機を思え乗り越えた後に生まれる世界を楽しみしながら前を向いて進めたいと思っています。 
posted by コ−エン at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記