2020年11月30日

新型コロナで始まった今からの10年は未来を決めるお試しの期間!

未知なる新型コロナも少しずつ明らかになり、ワクチンの開発も急ピッチで進んでいますがまだまだ収束の目途がたたないままで感染拡大が続いています、おそらく収束には2〜3年はかかるだろうと大半の人も思っているのだろうと思います。

 そして殆どの人は新型コロナによって社会が大きく変わるものの収束後の世界について変化はあるものの過去の延長線上の世界が再生されると思う人が殆どだろうと思っています。

 しかし、どうも今回の新型コロナ感染症は14世紀のペスト(黒死病)や20世紀初頭のスペイン風邪で世界が大きく変わったのとは比べようのない過去の文明そのものを前後裁断させるような大転換起爆剤になるのではないかと思っています

 すでに世界はコロナ以前から何らかの切っ掛けで金融破綻から経済恐慌に入る状態だと言われ、温暖化と地球自体の変動期もあって未曾有の自然災害も多発しており、物の豊かさを求め成長した物質世界そのものの「限界」が明らかになりつつあったところに生じた新型コロナは、まさしくシュメール文明より始まった「知の文明」そのものの終演を後ろ押しする見えざる神の手のように思えてなりません。

 穿った予測と言われることは承知で続けますが、今回の新型コロナを俯瞰的に文明の転換期に生ずるものと捉えた時に、今からしばらくは(おそらく最低10年は!)崩壊の危機を乗り越え新たな文明に相応しい世界入るためにそれぞれが過去のあり方を前後裁断する覚悟と決断をした上で試行錯誤しながらも能動的に進むしかないように思っています。

 さらに続けますと、新型コロナで生ずる崩壊の危機によって、戦後の働く場もなく食料もななく国にも依存出来ない状況に陥いるのは確実で、可能な限り個々での「食糧の確保」のための「自給自足」と社会の世相も大きりく変わることから「信頼し合え分かち合える利他の心を持ち合う仲間」を持つことが生き抜くための必須の要件になると思っています。

 そして危機を乗り越えた後に始まる新たな世界は、高度な科学や通信技術がさらに発展してグローバル化していますが、それはの物の豊かさを競い合うグローバル世界での一部の富裕権力層の道具としてではなく、民の豊かさのためのグローバル世界の道具として、また人々の価値観も自然破壊を伴う物の豊かさではなく自然の一員としての自然と共生する豊かな精神性を持った高い文明世界だろうと思っています。

 そのような予測をした上で今からの最低10年の期間は「食料の自給」の準備と「分かち合いの利他の心を持つ仲間」を創り合いながら、「自然との共生」「宇宙との共生」そして人々との「共創共生」への価値観に意識変革するお試し期間で、その期間のあり方でそれぞれの未来が決まるのだと思っています。

 利他村はそのような危機への準備と未来志向の仲間のコミュニティーつくりを目標に試行錯誤しながら取り組んでいます。
posted by コ−エン at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月01日

アメリカ大統領選挙とコロナ後に生ずる危機に対して! 

 アメリカ大統領選挙は民主党のバイデン氏が優勢とのことですが、期日前投票や郵便投票の検証に時間がかかり最終的には共和党判事が多数を占める最高裁判所に委ねられトランプの再選もあり得るとの報道もあり、どちらが選ばれてもアメリカ国内の分裂はさらに激しくなり、また増え続けるコロナ感染による不況と中国との経済対立もあってアメリカによる世界への影響力は確実に低下し、コロナによって生じる世界的不況(恐慌)もあって何らかの突発的な切っ掛けで「戦争」もあり得るのではと思っています

 さらに陰謀説には振り回されたくはありませんが、現実のグローバル世界にあって国際金融資本や戦争を起こすことで利権を得て世界を支配してきたいわゆるディープステイトと言われている存在があり、ナショナリズムの一国主義を掲げ登場したトランプ氏によって力はそがれているものの朝鮮半島や中東を始め至るところで紛争を煽り続けていることからも「戦争」の種は至る所ありおおいにあり得ることだと思っています。

 もちろん核や化学や生物による近代兵器の戦争は一度起これば敵味方無くすべてが破壊されることから昔ながらの陸海空軍による戦争は出来なくなっているもののAIによるサイバーや無人兵器で一瞬に決まる兵器による戦争はあると言われていますが、さりとてそのような戦争後の展開は未知なることで、どの国も「戦争は起こせない」との共通認識はあると思っています。

 しかし、グローバル化した資本主義による新自由主義経済によって世界全体が弱肉強食の競争至上主義に陥り一握りの多国籍の国際金融資本の富裕権力層が「戦争」をも手段にして国をも支配している現状にあって、冷静な人知をもって「戦争の無い平和な世界」を創るのは難しく、貧富の格差の固定化した世界が続くと差別と対立が激しくなる一方で大半の人々は「長いものに忖度し」「今だけ金だけ自分だけ」の意識に埋没して、新たな戦争の無い平和な世界を創るエネルギ−になることなく人知による自浄作用が働かなくなっているように思えてなりません。

 人知では世界を変えられないとすれば、終末預言にあるキリスト再臨や日本での大本教や日月神示の「お立て直し」のように人知を超えた他力に頼るしかないのかもしれません。

 しかし、たとえ他力により光ある未来世界に導かれるとしても、世界を混乱させ崩壊に至る原因そのものは人類が創り出したことで、当然にそれに伴う苦難は人類が負うことですから、キリストが人々の罪をあがない、人類を救うために、十字架にかかり贖罪により許されるのに委ねるのは、まさに「本願ぼこり」で、それこそ「今だけ金だけ自分だけ」の得手勝手な思いを助長するだけで許されないことだと思っています。

 やはり今回の大統領選挙やコロナ後に生じる危機にあって明るい未来が見いだせないとしても、それは人類の自業自得と覚悟して、まずは危機を乗り越える「天は自ら足すくる者を助く」の思いをもって手探りでの自助努力に勤め、その上で「人事を尽くして天命を待つ」の「他力」に委ねるのしかないのだろうと思っています。

 利他村の手探りでの「自助努力」は「食料の自給と確保」と「未来を夢見る仲間をつくる」ことです、あとはケセラセラで「天命」を待つことだと思っています。

posted by コ−エン at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記