2021年06月30日

コロナの国難と政権運営の低迷による国難の克服の第一歩はまずは政権交代から

 国難とも言える新型コロナ感染中のオリンピックに「充分な治験もなくリスクも明らかでないワクチン」に対する警告情報も「デマ」と決めつけ、何が何でも「ワクチン接種で集団免疫をつくり打ち勝とう」と開催を推し進める現政権に危険なものを感じています。

 特に安倍政権から管政権の国会運営は絶対多数を背景に充分な説明のないままの強行採決や権力に不都合になれば国会閉鎖が当たり前のようになり、違法とも思える首相の言動に与党議員や官僚の忖度で有ってはならない嘘とはぐらかし答弁が横行し、犯罪行為とも言える公文書の隠蔽、改ざんまで行われ、そのような国会運営に与党の自浄作用が働かないばかりか、財界や司法やましてやメディアまでもが忖度体質に覆われ、またアベノミクスの成果はなく貧富の格差が拡大して一人一人の国民の所得は減少し国の活力そのものが低下し先が見えない状況になっていることこそコロナ以上の国難のようにも思えてなりません。

 そのような、政治不信と活力低下を乗り切るための現実的一歩は何と言っても「政権交代」で、野党が党利党略の小異を捨て政策的に一致できるテ−マだけを掲げ統一候補を立てて選挙で過半数を勝ち取ることで、政権交代後はコロナ後に生ずる世界的な経済破綻(恐慌)を「国民の生活」に焦点を合わせて乗り越え、もはや核.細菌.化学等の近代兵器や無人兵器での戦争は起こせば全世界の破壊になることから、力を背景にした競い合いのための国創りは終わりで、国民の生活を第一と掲げ世界全体が共生する秩序創りに焦点を合わせた政権運営で国難の危機を乗り越え新たな未来社会を目指すような国創りなればと思っています。

 その理想とする未来社会は、過去の「自然を破壊することで物の豊かさを創りだした世界」ではなく「自然と共生し豊かな心と豊かな物のバランスの取れた維持可能な世界」と思っています。

 コロナで言えば「人類は細菌と戦い共生して乗り越えて来た」ように「細菌に戦いながら細菌そのものを絶滅させるワクチンではなく、進化し続ける細菌に過去幾度もあった細菌との戦いで培った抗体力と自己免疫をた助けるワクチン開発」で乗り越え、現実世界で言えば「ものに比重を置いた豊かさ」だけではなく「心に比重を置いた豊かさ」を取り戻し「人が本来もっている物と心のバランスある進歩と調和のバランスのとれた維持可能な共生型の未来社会」を創ることだと思っています。

 それはノアの時代のように神の計らいで大洪水を乗り越え神の導きでノアの家族から新たな世界の始まりに導かれるような他力に委ねるのではなく、今回の新型コロナの大洪水を乗り越えるのは、神は人類自身が反省をし目覚めることで人類自らに未来社会つくりを委ねられているように思えてなりません、ワクチンも人類の傲慢な欲望が入り交じった知恵で、神の領域ともいえる遺伝子組み換え操作で乗り越えようとするのはまさに現在のバベルの塔の建設で、その結果はバベルの塔以上の災いが待っているように思えてなりません。

 今回の新型コロナの国難と政治の堕落はまずは「人の命よりも政権維持を優先するような政権」を交代させ、民の維持可能な生活つくり政策に焦点を合わせ、細菌には神から与えられた自己免疫力と自然治癒力を高める知恵でもって乗り越え、真の人間(ものと心のバランスの取れた人間)として、縄文時代の人々の精神性を取り戻した上での知的科学技術の豊かな未来社会に向かうようになればと夢見ています。
posted by コ−エン at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記