2017年04月29日

またもや北朝鮮について思う

 昨今のテレビ報道では北朝鮮の核実験と大陸間のICBMの実験にアメリカが圧倒的な軍事力をもって威嚇し一触即発のような危機感をあおるような報道がされています。

 しかし国民はそのような危機情報に不安はもつものの案外に正常であるのは何よりほっとすることです

 北朝鮮は経済において韓国とは大きく差が広がり、主体思想の基に軍事優先の国家運営をしていますが軍事力ではアメリカとは歴然の差があり戦争状態になれば国家そのものが崩壊するのは明らかで、北朝鮮から先制して核搭載のミサイルで他国を攻撃するなど考えられないことで=あるとすれば危機状態にあって起こる偶発な衝突を契機に生じる戦争から最終場面での自暴自棄になったリーダーの決断しか考えられません。

 そして、実際に戦闘状態になれば韓国駐在のアメリカ人やその基地そしてソウルが大きな被害を被るは明らかで、当然にアメリカ軍基地のある日本も被害を被るのは明らかで、そのようなリスクがあるにも関わらず北朝鮮が核実験やCBMの実験をしたからと行ってアメリカ軍が即反撃するなども考えられないことです。

 そもそも核や化学兵器や生物兵器そして高度に情報化し人工知能を掲載した近代兵器の時代に合って「力には力で対抗する」などは愚の骨頂で、一旦そのような状態になると勝者も敗者も無く参加するすべての国に被害が生じるばかりか世界全体が崩壊に向かうのは少し考えれば解ることです。

 このような状態にある地球や世界は1972年の「ローマクラブ」が「成長の限界」と警告をしたように「競争の時代」はすでに限界に来ておりその延長線上に未来がなく、それでなくても70億人を超えた世界の人々に衣食住を行き渡らせるにはもはや「競争原理」ではなく「分け合い」での「共創原理」に人々の意識が変革することなくして未来が開かない時代に入っています。

 トランプ大統領の出現を始めEUの崩壊現象など、ヒョッとすると「成長の限界」を意識してトランプ大統領やプーチン大統領や習近平国家主席など世界を動かし得る立場のリーダーの合意を得て、敢えて「危機状態」を創り、このまま行けば世界全体が崩壊することを人々に気づかせ次なる平和で持続可能な地球や世界をつくりだすための高騰戦略なのかもしれません・・・・・そのようであればとも期待を込めて思っています。

 北朝鮮は言わば「競争の時代」での「敗者」ですが、さりとてどの国の隷属国とならずにいる「主体思想」を国是とする国ですので当然に「勝者」であるアメリカなどの軍事圧力には「核」や大陸間ICBMなどをもつことで対抗するしかないとする戦略は理解出来ないことではありません。

 そもそも核保有を抑止力として是認しあうアメリカを始めとした世界の強国が弱者である北朝鮮の核保有を認めないことは論理矛盾で「核放棄」をすれば支援をしようと言うのも「イラクやリビア」へのアメリカの力による軍事介入の実態を知る北朝鮮には説得力がありません、むしろ世界の強国が弱者に対しては「力による圧力」ではなく特に北朝鮮については民族の悲願である南北統一を平和裏に実現するための支援をすることであって、また歴史的なつながりがあり植民地として支配をしていた時期もあった日本は、東アジアの平和のためにも中国と共により積極的に支援をして行くことが未来を開く戦略では無いのかと思います
posted by コ−エン at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179587020
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック