2017年11月30日

単なる田舎暮らしではなく未来志向の田舎暮らしを!

 利他村開村10周年を契機に11年目からは「共同体つくり」に本腰を入れた活動をしたいと思っています。

 その10周年の集いの時に「利他村村長のブログは堅すぎる・・・」とのお話を頂き「では11年目から「柔らかなブログにしたい!」と思い至ったもののいざ「面白く柔らかい」ものを書くとなるとはなはだ難しく当面は習うより慣れよで努力していくことでご容赦をお願いするしかありません 

 ところで「共同体つくり」は田舎願望の人が集うことが何よりですがやはり互いの思いが理解し合え共鳴し合える人が集わないと上手く行かないだろうと思っています。

 そのような思いをしながら昨今の人々のライフスタイルを眺めると電車に乗ると前の座席に座っている人すべてがスマホを見ているのに遭遇することもあり、家の中では語る電気製品がはびこり一昔前とは大きく様変わりしています。

 そしてはAI(人工知能)がどんどん進化して何でも答えてくれるロボットの出現や行く先を告げるだけで自動運転してくれる車の出現も間近で人々のライフスタイルはさらに大きく変わろうとしていますし、そのAIテクノロジーによる高度な情報技術社会の出現は現在の知的な職業はもとよりロボット技術の進化も相まって肉体を要する職業など人が携わるあらゆる職業を一変させるだろうと思います

 そしてこのAI(人工知能)は自己増殖的しながらロボット技術も相まって世界の経済や軍事をも一変させSF映画で描かれるような世界を創り出すように思えてなりません。

 当然にそのような世界が本当に人々に幸せをもたらすのだろうかを考えると疑問が沸いてきます。

 確かに人の知能を遙かに超えるAI(人工知能)によってもたらされる世界は一つのユートピアを生み出すだろうと思いますが、それは「0と1」の組み合わせで出来上がるAI(人工知能)が生み出す一昔前によく言われた「人間疎外」の世界で、大多数の人々はにとってはAI(人工知能)によりコントロールされた世界でもあるように思います。

 そのような人の知識を凌駕するAI(人工知能)が生み出す世界が人間本来持っている「知性」以外の「感性」「理性」そして哲学・宗教のような「悟性」を伴った「意志」をもって世界を創ることは出来ないことは自明の理で、当然に人々は「人とは何か」「幸せな人生とは何か」「知的な進化によって創り出した世界とは何か」を問い求めるようだろうと思います。

 そのようなことを思い巡らしながら利他村が進めたいと思っている「共同体つくり」は単なる田舎願望の仲間だけでなく自然と共生の中で「人とは何か」「自己増殖し続けるAI(人工知能)と進化し続けるロボットが創り出す高度な社会での幸せな人生とは何か」を語り合いながら「物と心のバランスのとれた未来指向型の自給自足的な共同体つくり」を仲間たちと農作業をしながら創り合い合えればと思っています。

 またまた堅いブログになってしまいました・・・・・・・・・ご容赦を!
posted by コ−エン at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181717309
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック