2017年12月22日

北朝鮮へは「北風でなく太陽」対応を祈ります

 今年もあと少しで新年を迎えますが北朝鮮からのミサイルや核の攻撃と言ったまったく厭な報道がされています。

 冷静に考えて見ると北朝鮮が先制攻撃をすれば一瞬の間にアメリカからの核攻撃がされ国家そのものが崩壊するのですからアメリカや日本の圧力によって金正恩体制が維持できなくなった時の「暴発」とそれ以外はアメリカの先制攻撃がない限り北朝鮮からの攻撃はあり得ないことだと思います。

 そもそも大量の核兵器をもつ大国アメリカが「核兵器禁止条約」に反対しながら抑止力として核兵器を持つ小国北朝鮮に核兵器の廃絶を強いること自体が論理矛盾で、ましてやアメリカの核の傘にいることで同じく「核兵器禁止条約」に賛成しないで北朝鮮を悪の権化のように圧力一辺倒で核放棄を強いる安倍政権の在り方にも問題があるように思えます。

 ノーベル平和賞を受賞したICANの日本人が核の被爆国として「人類と核兵器とは共存しない」と訴えたのは当然のことで、何よりも1万5千発もある核保有国の大国が核兵器禁止を誓い核廃絶を宣言することが先決でその上で核を国連監視下においてあらゆる国の核保有を禁止してゆくのが最も取るべき道のはずです

 もはや「戦争」によって勝者が力でもって敗者を支配する時代ではなく、核兵器による「戦争」は勝者も敗者も共に崩壊させてしまうのですから「戦争」は決して起こしてはいけことで、トランプ氏の「力による平和」の主張は「戯言」としか言いようがないと思います。。

 人間以外の動物も生存のために弱肉強食の争いをしていますがそれは自然の摂理の中での共存であって人間が生存のために「核兵器」を持って争いをすることは自然の摂理の枠外であって自然界への冒涜としか言いようがありません。

 人間は他の動物と違い「思考する能力」をもつ存在ですからいい加減にその能力を「奪い合い」から共存のための「分かち合い」に切り替えないとその能力によって地球そのものを崩壊させることになりかねません。

 世界の人口の10%が一日1ドルの生活を強いられ貧富の差が拡大しつつある現代ですがそんな中でも70億を超える人々が生きているのですから食料はあるのです、しかもAI(人工知能)の時代に入っていますので今からは科学技術と自然との融合で食糧の増産も可能になり「資源や食料」のために「奪い合う」ことをしないで増加し続ける人口が「分かち合い」によって安心して生存出来る時代に入っているのです

 だから各国の為政者は「北風から太陽」に意識を切り替え「力による平和」ではなく「愛による平和」を進めないと未来は開かれないように思います。

 北朝鮮へは北風ではなく太陽のような愛ある態度で良導するようになることを祈って新年を迎えたいと思います。

  またまた今回も堅いブログになってしまいましたが当分はご容赦ください、来年からは少し勉強して柔らかなブログを心がけます。
posted by コ−エン at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181911278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック