2012年03月25日

21世紀の利他心に基づく共創生の村つくり・・・始まりはじまり

 危機と言われたEUや経済が低迷しているアメリカそして貿易収支が赤字になった日本に回復の兆しが出てきたとのニュースが報道されていますが、それらはすべてがお金をばらまいての急場しのぎと日銀の円安誘導で危機の先延ばしにしか過ぎません。

 お金をばらまく、円の価値を低くして国際競争力をつける・・・それは邪道の道では!

 産業革命以降の欧米型で進んだ文明そのものが限界を迎え、ちょうど大型船が迫ってくる大氷河を目前に方向転換ができないで衝突する状況のように思えてなりません。

 時代は西欧型の利己心に基づく競争による文明が限界点にきて、東洋型の利他心に基づく共創による文明にと大きく転換する文明の転換期に思えてなりません

 となると、そのような文明の大転換期にあっては古い時代の対症療法では対応不可能で、根本的な対応でしか乗り越えられないことは自明の理と言ったところです

 当然に人や社会の在り方そのものを根本から見直し対処する原点回帰から始め、それから造り直す=創造するしかありません

 利他村は小さな小さな動きですが、新たな創造の流れの一つのひな形として目に見える形にしようと活動を、西欧型の文明の象徴である都市からではなく、自然と日本の心が残る田舎町の廃村間近な集落から始めています

 ようやく、懐かしき原風景の中から本当の生き甲斐を創ろう!それを未来につなげよう!と移住者仲間とそれに賛同する都会の人も集い、今年に入り新たな村のひな形つくり活動が開始しています。

 そうだ!田舎の原風景の象徴は「メダカ」だね!・・・田舎まちから新生だから「めだかの村」がいいね!・・・そしてそのひな形の村として原風景が残る目高集落・・・ゴロもぴったり・・・・と皆さんそれぞれの生き甲斐と夢を託しながら利他村のある目高集落を拠点にして活動がはじまりました。

     21世紀の利他心に基づく共創生の村つくり・・・始まりはじまりです
posted by コ−エン at 07:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
21世紀の利他心に基づく共創生の村つくり・・・始まりはじまり: 利他村日記
<a href="http://www.g0421dydw423kqhgs4021h8r19bs9c0js.org/">akekjlketx</a>
kekjlketx http://www.g0421dydw423kqhgs4021h8r19bs9c0js.org/
[url=http://www.g0421dydw423kqhgs4021h8r19bs9c0js.org/]ukekjlketx[/url]
Posted by kekjlketx at 2014年12月26日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54620201
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック